「東京アラート」11日にも解除へ 速やかにステップ3に移行

社会 暮らし 医療・健康


東京都は、現在発動している「東京アラート」を、感染の状況が悪くなっていなければ、11日にも解除を決める方針。

また、アラートを解除したら、休業要請の緩和についても速やかに「ステップ3」への移行を検討している。

10日、都内で新たに感染が確認されたのは18人と、4日連続で20人を下回り、東京アラート解除の目安となる3つの指標のうちの2つで基準をクリアしている。

関係者によると、このまま感染の状況が悪化しなければ、東京都は、専門家の意見もふまえたうえで、11日の夕方、東京アラートの解除を決定し、12日午前0時をもって解除する方針。

具体的には、11日の感染者数が23人程度におさまっていれば解除の可能性が高いという。

また、解除にあわせて、速やかに休業要請の緩和を3段階の最後となる「ステップ3」に移行することを検討しているという。

(FNNプライムオンライン6月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース