東京入管「爆破予告」で窓口中止 渋谷署も警戒強化

社会


東京出入国在留管理局と警視庁渋谷警察署に対して、「12日に爆発を起こす」という爆破予告があり、東京入管は12日の窓口業務を中止した。

出入国在留管理庁によると、10日、港区の東京入管に「6月12日の午後3時半に施設内で爆発を起こす。失敗した場合、刃物で職員に危害を加える」という趣旨のメールが届いた。

これを受け、東京入管は12日は終日、在留資格申請などの窓口業務を中止した。

またメールには、渋谷署を爆破するとも記載されていて、警視庁が警戒を強化している。

(FNNプライムオンライン6月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース