セブン従業員が虚偽報告 「新型コロナに感染した」

社会


コンビニの従業員が「新型コロナウイルスに感染した」とうその報告をしていたことがわかった。

茨城県によると、つくば市の「セブン-イレブン つくば大砂店」では、6月9日に従業員が「新型コロナウイルスに感染した」と報告したため、10日から休業し、店内を消毒するなどの対応に追われた。

しかし、その後の調査で、PCR検査を受けた事実がないことがわかり、従業員もうその報告だったと認めたという。

セブン-イレブン・ジャパンは、法的措置も含めて検討するとしている。

(FNNプライムオンライン6月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース