せっけんで「手がピリピリ」 強酸性液体にすり替えか

社会


東京・江戸川区の公衆トイレで、新型コロナウイルス対策として設置されていた液体せっけんが、強い酸性の液体にすり替えられ、警視庁が経緯を調べている。

江戸川区によると、16日午前8時半すぎ、都営新宿線船堀駅前の公衆トイレを利用した人から、「液体せっけんを使ったら手がピリピリした」と連絡があり、区の職員が調べたところ、新型コロナウイルス対策として設置したポンプ式の液体せっけんが、スプレー式の液体に、容器ごとすり替えられていたという。

容器には強い酸性の液体が入っていて、警視庁は、何者かがすり替えたとみて経緯を調べている。

(FNNプライムオンライン6月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース