韓国のWTO提訴 梶山経産相「極めて遺憾」

政治・外交


韓国政府のWTO提訴に対し、遺憾の意を表明した。

梶山経産相「韓国側の一方的な対応は、対話とコミュニケーションで懸案を解決することとした輸出管理政策対応の合意をほごにしかねないものであり、極めて遺憾」

日本政府が2019年7月、韓国向けの輸出管理を強化したことに対し、韓国政府が18日、WTO(世界貿易機関)に提訴したことについて、梶山経済産業相は、「極めて遺憾」としたうえで、2国間の政策対話を中断せず解決したいという考えを示した。

また、菅官房長官は「日韓関係は引き続き厳しい状況にあり、わが国として、今後とも韓国側に適切な対応を強く求めていきたい」と述べた。

(FNNプライムオンライン6月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース