埼玉県 コロナの死者13人追加 当初は別の死因と判断

社会 暮らし 医療・健康


埼玉県は、これまでは別の死因だと判断して、新型コロナウイルスの死者に含めていなかった13人を死者に追加した。

埼玉県によると、厚生労働省から「陽性者が入院中や療養中に亡くなった場合は、死因にかかわらず公表する」との通達を受けて、これまでは、死因をがんや心不全と判断して、新型コロナウイルスの死者に含めていなかった13人を新たに追加したという。

これにより、埼玉県内の死者は65人となった。

埼玉県は、「死者の数を少なく見せたり、隠蔽(いんぺい)しようとした意図はない」としている。

(FNNプライムオンライン6月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース