東京港でヒアリ200匹以上 周辺に巣は見つからず

社会


東京港の青海埠頭(ふとう)で、毒性の強いヒアリの働きアリ200匹以上が見つかった。

200匹以上のヒアリは、青海埠頭のコンテナヤード内の地面で確認され、周辺に巣は見つかっていないという。

青海埠頭では2019年、ヒアリの女王アリ50匹以上、働きアリが500匹以上見つかっていて、今回はその地点からおよそ1km離れている。

(FNNプライムオンライン6月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース