外国潜水艦 接続水域内を潜ったまま航行 中国海軍か

社会 政治・外交


防衛省は、鹿児島県の奄美大島・北東の日本の接続水域内で、18日午後、外国の潜水艦が潜ったまま、西に向けて航行したと発表した。

20日午前、横当島の西の接続水域外を西に進んでおり、政府関係者によると、中国海軍の潜水艦とみられる。

中国の潜水艦は、2018年1月にも、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域を航行している。

河野防衛相は、情報収集と警戒監視を指示し、P-1哨戒機や護衛艦などが警戒にあたった。

(FNNプライムオンライン6月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース