「妻とは共謀していない」 河井前法相が供述

社会


前法相の河井克行容疑者と、妻で参議院議員の河井案里容疑者をめぐる大規模買収事件で、克行容疑者が調べに対して、「妻とは共謀していない」と供述していることがわかった。

克行容疑者と案里容疑者は、2019年7月の参院選をめぐり、票の取りまとめを依頼する目的で、地元議員ら94人に、およそ2,570万円を配った疑いが持たれている。

関係者によると、克行容疑者は逮捕後、「不正な行為はしていません」と容疑を否認していて、さらに、「妻とは共謀していない」と述べ、妻との共謀についても否認しているという。

また、関係者によると、克行容疑者らが、陣営の関係者らとやりとりしたLINEの一部を消していたことがわかっていて、東京地検特捜部などは、克行容疑者らが証拠隠滅を図った可能性もあるとみて、データを復元するなどして、調べを進めている。

(FNNプライムオンライン6月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース