道後温泉など昨年比人出増加 移動解禁の週末

社会 旅と暮らし


都道府県をまたぐ移動が全面解除されて初めての週末となった21日、各地の観光地では、人出が2019年に比べて増加する地点もあった。

KDDIが、携帯電話の位置情報などをもとに推計した各地の人の移動データによると、21日午後3時台の人出は、愛媛・道後温泉周辺で、2019年の同じ月と比べ、7.6%増加していたほか、長崎市の観光通り周辺や、奈良・大和西大寺周辺でも人出が増えた。

一方で、静岡県の浜名湖内浦湾周辺は44.4%減少、三重・伊勢神宮周辺も40.1%の減少となっていて、まだ2019年の人出が戻っていない場所もある。

また、空の便では、全日空で週末の利用者が1週間前より3割ほど増えたほか、高速道路では21日、常磐道の上り線で、最大およそ25kmの渋滞が発生した。

(FNNプライムオンライン6月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース