日本の伝統工芸を救う 在庫活用の新サブスクとは

経済・ビジネス

働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

埋もれていた宝物を、今どきのアイデアで有効活用。

日本の伝統工芸に光を当てる、新たな取り組みに注目。

華やかな磁器「有田焼」に、藍色の細やかな絵付けが特徴の「瀬戸染付焼」。

これらの器、実は...。

Culture Generation Japan・掘田卓哉代表「基本的には、職人のところで在庫になっているもの」

在庫を利用した新たなサービスが、日本の伝統工芸を救うかもしれない。

東京都の伝統工芸品、江戸切子を制作する「堀口切子」。

彩り豊かな「ぐい飲み」や、中をのぞくと万華鏡のように見える「ロックグラス」など、グラス類を中心に制作している。

堀口切子 三代秀石・堀口徹さん「こういった皿は、形状とかもあって、どちらかというと料理屋というかプロユースになる」

中には、きめ細やかなカットが施された五寸皿も。
これは、グラスに比べて一般家庭の利用が少ないことから、需要も少ないという。

堀口切子 三代秀石・堀口さん「自分たちが作っているものをプロユースの料理屋に見てもらう機会も少ないし、存在もまだ知ってもらえていないと思う。『見てもらえれば、使ってもらえればわかってもらえるはずだ。この違いに』みたいなところは思っているものの、なかなか厳しい」

こうした悩みを解決するのが、「クラフタル」という、飲食店向けサブスクリプションサービス。

Culture Generation Japan・掘田代表「工房にお邪魔すると、素晴らしい技術の商品とかが、ほこりをかぶって眠っていたりする。これがなんで市場に流通しないかなと考えると、やっぱり1つ、どうしてもネックになるのは価格。なんとかしてこの価格をハードルを越えられるような新しいサービスが作れないかなと」

仕組みは、窯元で在庫になっている陶磁器などの伝統工芸品を「クラフタル」が買い取り、飲食店は、全国およそ200種類の器の中から、好きなものを月額3万円からレンタルできるというもの。

また、飲食店は、気に入った器があれば、それまでのレンタル代を差し引いた金額での購入も可能。

実際にこのサービスを利用している、日本料理店「割烹TAJIMA」。

和食にとって、料理の一部である器のサブスクを利用することで、こんな効果があった。

「割烹TAJIMA」・田島和彦料理長「いろんなものを試せる。それが一番のメリット。こういうのを盛ってみようとか、こういうのをやってみようというふうに(案が)生まれて、自分たちが料理を作るモチベーションにもなるし、客を楽しませるという喜びに直結するようなサービス」

伝統工芸品と飲食店の双方にメリットがある、このサービス。

考案の背景には、ある問題があった。

Culture Generation Japan・掘田代表「『この技術はもう俺で終わりだな』とか、『次に継ぐ人もいないし』という暗い話が多い。(伝統工芸品は)価格の問題もあるし、発信力がないこともあるので、なかなか売れない。どうにかして売り上げを上げていかないと、後継者も育成できないし、まずは職人に金を落とすというところが、今の本当の課題と思っている」

(FNNプライムオンライン6月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース