NYレストラン一部営業再開 世界感染者 900万人超

国際


新型コロナウイルスの感染拡大が一時深刻だった、アメリカ・ニューヨーク市では22日、経済活動再開の第2段階に入り、レストランのテラス席などの営業が再開した。

レストランを訪れた女性は、「外で食べるのは、とてもいい気分だわ。たくさんテイクアウト料理を家で食べながら、この日を待ってた」と話した。

ニューヨーク市のレストランは、3月中旬からテイクアウトのみの営業が許可されていた。

その後、新たな感染者の増加ペースが緩やかになり、22日からテラス席での営業のほか、理髪店や小売店の店内販売も可能になった。

新型コロナウイルスによる世界の感染者が900万人を超え、アメリカの南部の州では、感染者が再び増えていて、感染拡大防止と経済活動の両立が課題となっている。

(FNNプライムオンライン6月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース