高校生が朗読「平和の詩」 慰霊の日 沖縄戦から75年

社会


住民を巻き込み、20万人余りが犠牲となった沖縄戦から、75年の慰霊の日を迎えた23日、沖縄・糸満市で追悼式が行われた。

戦後75年の節目となる慰霊の日の追悼式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模が大幅に縮小された。

若い世代を代表して、県立首里高校3年の高良朱香音(たからあかね)さんが、平和の詩を朗読した。

高良さん「あなたがあの時、勇気を振り絞って語ってくれたおかげで、わたしたちは知った。永遠に解かれることのない戦争の呪いを。決して失われてはいけない平和の尊さを」

参列者は、戦争の記憶と平和への思いを、次の世代につなぐ決意を新たにしていた。

(FNNプライムオンライン6月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース