アメリカは感染再び急増 ブラジル死者5万人超に

国際


レストランなど、相次いで営業を再開した、アメリカ・ニューヨーク。

一方、南米ブラジルは、感染爆発が止まらない中で、経済活動を緩和。

新型コロナウイルスの感染拡大が、アメリカで最も深刻だったニューヨーク。
これまでの制限が、大幅に緩和された。

テイクアウトのみが許されていた飲食店は、テラスでの営業を再開。

ニューヨーク州のクオモ知事は、「地獄の111日を終えて、どの州よりも、どの国よりも、感染拡大を抑制できている」と述べた。

コロナ感染拡大の期間を「地獄の111日」と振り返り、経済活動の緩和を宣言した。

しかし、同じアメリカでも、カリフォルニア州では、再び感染が拡大。

元州知事の“シュワちゃん”こと、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、マスクの着用を呼びかけ、再び危機が?

感染者の減少が進むニューヨークでは、テラスでの飲食店の営業が可能に。

ニューヨークでは、「3カ月ぶりの外食なので、わくわくしている」との声が聞かれた。

中には、少々“思い切った方法”で、営業を再開する店も。

あるお店は、客たちはテラス席で食事を楽しんでいるが、ここだけでなく、車道側にも座席がはみ出していた。

よく見ると、客席は歩道だけではなく、車道にまで。

市の許可を取り、バリケードも置いてあるが、客席のすぐ横を車が通り過ぎていく。

飲食店に加え、理髪店なども営業を再開。

一度に入れる客の人数は、通常の半分に制限されていて、透明のシートで客同士の距離を確保するなど、対策を徹底。

久しぶりに訪れた客は、「待ちきれなくて髪を自分で切った。やはりプロに切ってもらうのがいい」と話した。

店内を見渡すと、客は全員マスクを着用。

これが現段階での決まりのため、ひげをそってもらうことはできない。

一方、カリフォルニア州では、元州知事の“シュワちゃん”こと、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、現州知事らとともにマスクの着用を呼びかけた。

実は、アメリカ西部や南部などでは、感染者が急増。

カリフォルニア州では、20日の新規感染者が、これまでで最も多い4,515人に達した。

カリフォルニアでは、5月に経済活動の一部を再開。

今回の感染者増加について、専門家は「経済活動再開が早すぎた」と指摘していて、第2波のおそれが強まっている。

そのアメリカに次いで、感染者数が世界2位となっているブラジル。

死者の数は5万人を超え、感染拡大は、深刻さを増している。

最大都市・サンパウロ市内にある墓地。

防護服姿で、遺体の埋葬が行われている。

兄をコロナで亡くしたという女性は、「とても最近の出来事で、まだ傷が癒えません。元気だったのに...とてもつらいです」と話した。

感染者が急増し続ける中で、ブラジルでは、6月に入って経済活動が加速。

商店街などにも人出が増えている。

しかし、WHO(世界保健機関)は、人口に対する検査数が少ないことを指摘。

実際の感染者数は、もっと多いとの見方を示した。

感染爆発が止まらない中での経済活動再開。
世界では、依然増え続けているコロナ感染者。

各地の経済活動再開は、今も危機と隣り合わせ。

(FNNプライムオンライン6月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース