「学び」に変化 書籍要約サービスとは

経済・ビジネス 文化 Books


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

話題のビジネス書の内容が、わずか10分で理解できる。
忙しいビジネスパーソンにもうれしい、新たな学びの方法とは。

男性「まさにこのウーブンシティ。もうちょっとくわしく知りたい人は、けっこういるんじゃないか」

70冊近いビジネス書を前に交わされていた議論。

そこで飛び交うキーワードは...。

「“要約”読みたい感じはあるよな」
「これこそ“要約”から読みたいですよね」
「まず“要約”読みたいって人は多いでしょうし」

この現場から生まれる、現代のビジネスパーソンに向けた、新たな読書の在り方とは。

東京都内の、とあるオフィス。
今、社員たちの休憩時間に変化が起きていた。

マイナビ社員「いま、フライヤーで読みたい本を探していて。1日1冊は読もうかなと」

彼女が目を通していたのは、「フライヤー」と呼ばれる、ビジネス書籍の要約文章をアプリやサイトで閲覧できるサービス。

分厚いビジネス書籍も、フライヤーは、3つの要点と、およそ4,000字程度の要約文章にまとめるため、10分程度で本の情報を得ることができる。

マイナビ社員「お昼ご飯を食べている合間に、ちょっと時間があいたらそこで読んだり、テキストで気になるキーワードさえ書いてあれば、普段絶対取らないような本にも出会える」

この会社では、フライヤーを社員研修の強化の一環として導入。

マイナビ・長谷川由佳課長「読んだ内容をぜひアウトプットしてもらって、社員間のコミュニケーションを活性化してもらう。お客さん先での商談で生かしてもらうといった行動につなげてくださいと言っている」

そして、この要約サービスを新たなビジネスチャンスと捉えていたのが、書店。

ベストセラーや新刊が並ぶ店の入り口付近には、フライヤーのコーナーが。

ポイントは、平積みされた書籍の手前に置かれたポップに付いているQRコード。

気になる本のQRコードを読みとくと、すぐに表紙が出てきた。

原書を前に、フライヤーの要約サービスを立ち読みすることで、興味を持った客が、実際の本を購入するケースが増えているという。

この宣伝効果を出版社側も期待。
今では、およそ180社がフライヤーと提携している。

未来屋書店 東久留米・花塚峯人店長「携帯とかスマホで見たものを、実際の書店に来て買ってもらう(新たな)流れは、フライヤーの企画を始めて出てきているのかなと」

ビジネスマンの需要が大きい書籍を、経営者や大学教授らによる選書委員会が選定。

1日1冊のペースで追加されているフライヤー。

2020年1月には、会員数が50万人を突破。

隙間時間の有効活用と、新たな知識を取得する手段として期待されている。

フライヤー・大賀康史社長「本というのは、長い時間をかけて作られたものだからこそ、読者にとって、人生をかけて生かせるコンテンツが詰まっている。われわれとしては、本を通じてどういった学びを広げていくか、読者が本を通じて、どういったところを自分に生かしていくのかを考えられるような触媒になっていかないといけない」

(FNNプライムオンライン6月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

本・書籍 FNNニュース