王者ジョコビッチ 感染判明 全米オープンを前に

スポーツ 国際


男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ選手が、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

2020年2月に行われた全豪オープンで優勝。
4大大会での優勝回数は17回、歴代3位の記録を誇るジョコビッチ選手。

6月、母国セルビアなどで主催したテニスの慈善大会で、参加選手らの感染が相次いだ。

ジョコビッチ選手も検査の結果、陽性反応を示し、23日に出した声明では、「感染者1人ひとりに大変申し訳なく思う」と謝罪した。

ジョコビッチ選手は、5日後に再検査を受ける予定で、14日間自主隔離をするという。

テニス界からは、感染対策が不十分だったとの批判の声が上がり、8月31日に開幕する全米オープンに向けて不安を残すこととなった。

(FNNプライムオンライン6月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース