「フィリップモリス」に過去最高額の課徴金 5億5000万円超

社会 経済・ビジネス


過去最高額の課徴金。

消費者庁は、たばこ販売大手の「フィリップ モリス ジャパン」に対し、景品表示法に基づき、5億5,274万円の課徴金納付命令を出した。

「フィリップ モリス ジャパン」は、加熱式たばこ「IQOS」について、期間限定で「4,600円OFF」などと店頭広告などで表示していたが、実際は2年以上継続して値引きをしていたとして、再発防止などを求める措置命令を受けていた。

(FNNプライムオンライン6月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース