長崎では50年に一度の大雨 九州北部で警戒

社会 暮らし


活発な梅雨前線の影響で、25日朝、長崎県で猛烈な雨が降り、気象庁は、50年に一度の記録的な大雨として、警戒を呼びかけている。

25日午前2時ごろの長崎・五島市の様子。
たたきつけるような激しい雨が降り、道路に水があふれている。

活発な梅雨前線にともなう線状降水帯が、25日朝、九州北部にかかり、気象庁は、長崎県の五島市や新上五島町で、50年に一度の記録的な大雨となっていると発表した。

佐世保市では、25日午前8時50分までの12時間雨量が、6月の観測史上1位となる、280.5mmを記録。

さらに、1時間に120mm以上の猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が出された。

このあとも、九州北部は断続的に激しい雨が降り、26日正午までに予想される雨量は、多いところで長崎県で180mm、佐賀県や熊本県で150mmとなっている。

今後も、土砂災害や河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要となる。

(サガテレビ)

(FNNプライムオンライン6月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース