イージス・アショア配備 撤回表明 代替地選定は困難

政治・外交


陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、河野防衛相は25日、秋田県と山口県への配備を断念すると、正式に表明した。

河野防衛相「(きのうの)国家安全保障会議で議論いただいた結果、今回の山口県および秋田県へのイージス・アショアの配備を撤回する、そういう決定をするに至ったところでございます」

河野防衛相は、自民党の会議に出席し、24日の国家安全保障会議で、秋田県の新屋演習場と山口県のむつみ演習場への、イージス・アショアの配備を撤回すると決定したことを明らかにした。

さらに河野防衛相は、記者団に「山口県、秋田県への配備を断念する。代替地を見つけることは極めて困難だ」と述べ、国内配備は難しいとの認識を示した。

小野寺元防衛相「何も北朝鮮の脅威は変わっていないので、代わりにどのように対応をとるか。そこは政府から説明がなかったので、しっかり、早く対応していただきたい」

政府と自民党は、今後、敵基地攻撃能力も含めた安全保障戦略を議論していく方針。

(FNNプライムオンライン6月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース