感染拡大のロシア 軍事パレードに見物者も 日本食レストランも再開

国際


ロシアでは、新型コロナウイルスの感染が拡大し続ける中、政府の重要行事や市民生活が動き始めている。

モスクワの赤の広場で24日に行われた軍事パレードは、5月から延期されていたもので、パレードはテレビで見るよう呼びかけられたが、街頭に出て見物する市民らの姿が多く見られた。

またモスクワでは、16年間続く人気の日本食レストランが、およそ3カ月ぶりに営業を再開した。

店の入り口での検温や、マスク配布などの感染対策をとっている。

客「閉鎖前と変わらず、おいしくて素晴らしい」

和食レストラン「いちばんぼし」の岸本秀樹店長「キッチンに立って料理を作って、お客さんに喜んでもらえるのが、自分のやってきた人生なのでうれしいですね」

レストランでは、客席の数を減らす感染対策もとっていて、売り上げの面では今後も厳しい状況が続くとみられる。

ロシアではここ数日、1日の新規感染者が7,000人を超えている。

(FNNプライムオンライン6月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース