“金品受領”の関電 株主総会で批判相次ぐ

経済・ビジネス


関西電力は25日、金品受領問題が明るみに出てから初めての株主総会を開き、冒頭で、森本孝社長は「多大なご迷惑とご心配をおかけした」と謝罪した。

今回の総会で、関西電力は、経営について、外部からの監視の目を届きやすくする、指名委員会等設置会社への移行などを提案した。

一方、総会を前に、会場周辺では「脱原発」を求めるデモが行われ、株主からは、経営に対する厳しい声が相次いで上がった。

筆頭株主の大阪市も、経営姿勢について厳しく追及している。

(FNNプライムオンライン6月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース