長崎県で「50年に一度の記録的大雨」 九州北部は非常に激しい雨に警戒

社会 暮らし


50年に一度の記録的な大雨に見舞われた長崎県。

九州北部は26日も非常に激しい雨のおそれがあるほか、そのほかの地域でも広い範囲で警戒が必要。

稲光とともに激しい雨が地面をたたきつける、25日午前2時すぎの長崎・五島市。

1時間の雨量は70mmを超え、50年に一度の記録的な大雨となった。

午前7時すぎには雨は落ち着いたものの、山からは雨水が滝のように流れ落ち、川は氾濫し道路との境目はガードレールで辛うじてわかる程度に。

午前10時ごろの長崎・佐世保市では、駐車場と川の境目がわからなくなっている場所もあった。

佐世保市では、25日午前6時50分までの3時間雨量が、観測史上1位となる181.5mmを記録した。

佐世保市は、9万4,000世帯余りおよそ21万人に、5段階の警戒レベルの「レベル4」にあたる避難指示を発表している。

市内に設置された避難所では、入る前に体温測定とアルコール消毒を求め、マスクを配布するなど、新型コロナ対策を徹底している。

利用できる部屋を多く解放し、3密を避け、安心して避難できる体勢をとっている。

長崎県で今も土砂災害警戒情報が出されている中、このあと朝にかけて、長崎や佐賀を中心に活発な雨雲がかかり、1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降る予想となっている。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要。

また、北陸や中国地方、九州南部などでも、午前中を中心に25日よりも広い範囲で激しい雨が降るおそれがある。

(FNNプライムオンライン6月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース