トヨタなど“宇宙産業”に出資 ベンチャー企業を後押し

経済・ビジネス


トヨタ自動車などが、宇宙産業のファンドに出資する。

トヨタ自動車が、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などとともに、宇宙開発に関わるベンチャー企業などを支援するファンドに対し、総額80億円を出資することがわかった。

ファンドは投資顧問会社「スパークス・グループ」の子会社が設立したもので、最終的には150億円規模にすることを目指す。

ベンチャー企業を後押しし、宇宙産業の底上げを狙う。

(FNNプライムオンライン6月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース