準備は3段階 「マイナポイント」最大5000円の“おトク”

経済・ビジネス 暮らし


キャッシュレス決済のポイント還元が6月末で終了するが、7月からは、「マイナポイント」の申し込みが始まる。

期間限定のお得な制度。
いったいどのようなもので、どうすればお得になるのか。

この「マイナポイント」と呼ばれる仕組みを利用するには、「マイナンバーカード取得」、「マイナポイント予約」、「申し込み」という3段階の準備が必要。

まず、「マイナンバーカード」を取得しなくてはいけないが、持っているだけではポイントはもらえない。

次に必要なのが「マイナポイントの予約」で、スマホやパソコンで専用のIDを設定する。

準備の最終段階が、7月からの「マイナポイントの申し込み」だが、6月に終了するキャッシュレスでの還元と大きく異なる点がある。

今の仕組みでは、クレジットカード、スマホ決済、電子マネーなど複数の決済サービスで還元を受けられるが、「マイナポイント」では登録ができるのは、1つの決済サービスだけで、選ぶ必要がある。

準備を完了したうえで、9月以降、2021年3月末までに登録した決済サービスで購入やチャージをすることで、25%分がポイントとして受け取れる。

もらえるポイントは1人あたり最大5,000円分で、買い物などに利用できる。

自治体の窓口には、早くも予約や相談に訪れる人が増えてきている。

マイナンバーカード交付のためにやってきたという女性は、マイナポイントの予約も済ませた。

女性「お得ならちょっとと思って来た」

男性「確かに(25%還元は)パーセントとしては大きいと思う」

東京・大田区は、10万円給付のオンライン申請をめぐる混雑がみられた自治体の1つで、今後に備え、窓口を拡充している。

東京・大田区企画経営部 相川正行副参事「5月から増加していて、特に6月は、21日現在で90件を超える取り扱いになっている。(予約などは)ご自身でできるものなので、そちらでの協力もお願いしている」

予算として計上されたのは4,000万人分で、総務省は、予約がこの人数に達した場合、締め切る方向。

6月18日時点で予約を完了したのは、75万人ほどにとどまっているが、この先、時間的余裕を持って準備を進めることが必要になる可能性もあるとみられる。

(FNNプライムオンライン6月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース