スプラッシュ・マウンテン “黒人プリンセス”に設定変更

国際


アメリカのウォルト・ディズニーは25日、人種差別的との批判出ていた人気アトラクションの設定を黒人を主人公にしたものに変更すると発表した。

ディズニーは、カリフォルニア州とフロリダ州のテーマパークにある人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」の設定を、ディズニー初の黒人のプリンセスが登場した映画「プリンセスと魔法のキス」に変更すると発表した。

これまでの設定となっていた「南部の唄」は、登場する黒人男性の描写が誤解を招くなどと批判が出ていた。

ディズニーは「新しい設定は包括的で、すべてのゲストがつながり、刺激を受け、毎年訪れる多くの人に多様性を語りかける」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン6月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース