丸刈りで続投意向 安芸高田市長 河井容疑者から現金

政治・外交 社会


河井克行容疑者から現金を受け取ったことを認めていた、広島・安芸高田市の児玉浩市長は、26日の会見で、頭を丸め、続投への意欲を示した。

安芸高田市・児玉浩市長「今できることは何かと考えた時に、まず反省を示さなければということで、こういうヘアスタイルに変えております」

児玉市長は4月上旬に、克行容疑者からの現金受け取りを否定していたが、その理由について、「河井氏を怒らせたら、地元に不利益になるのではと考え、後日返そうと預かりますと受け取った」などと説明した。

現金受け取りについて、県民からは批判の声が上がっている。

(FNNプライムオンライン6月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース