シャンパンコールなど自粛要請 東京都 ガイドライン公表

社会 暮らし 医療・健康


東京都は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、接待をともなう飲食業のガイドラインを公表した。

都のガイドラインでは、接待をともなう飲食店に対して、アクリル板を設置したり、間隔をできるだけ2メートル空けて横並びで座るなど、配置を工夫するほか、客との距離が近いショーやシャンパンコールなどの演出は、当面の間、自粛するよう求めている。

また、カラオケのある店では、マスクを着用して歌ったり、マイクは客ごと、もしくは30分おきに消毒したり、グラスなどの回し飲みも避けるよう注意喚起している。

都内のこの3日間の感染者は157人にのぼり、夜の街に関係した感染者も多数確認されていて、あらためて感染拡大の防止を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン6月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース