記録的大雨で九州各地被害 28日も九州・四国など大雨か 断続的な激しい雨も

社会 暮らし


活発な梅雨前線の影響で、27日は、九州で記録的な大雨となった。

28日は、さらに広い範囲で大雨となる可能性があり、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要。

27日は、梅雨前線にともなう発達した雨雲の影響で、朝から九州北部を中心に、各地で記録的な大雨となり、福岡・久留米市では、1時間あたりの雨量として観測史上最大となる、1時間に92.5mmの猛烈な雨を観測した。

雨がやんだあとには、多くの店舗が、店内に入り込んだ泥や水をかき出す作業に追われていた。

また、1時間に87.5mmの猛烈な雨が降った佐賀・伊万里市では、土砂崩れが発生するなど、県内各地で被害が相次いだ。

午後には、大雨の範囲が九州南部に移り、宮崎・えびの市加久藤では、午後5時すぎまでの1時間に65mmの非常に激しい雨を観測した。

今後も、九州では同じような場所で断続的に激しい雨が降り、明け方には、四国や関東南部にも活発な雨雲がかかると予想されている。

28日夕方までに予想される雨量は、多いところで、九州南部で250mm、九州北部や四国で180mmなどとなっている。

大雨による土砂災害や、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要となる。
 

(FNNプライムオンライン6月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース