関東の“夜の街”で感染拡大 利用客に相談呼びかけも

社会 医療・健康


関東各地の夜の繁華街で、新型コロナウイルスの感染が拡大していて、さいたま市内のキャバクラでクラスターが発生した。

さいたま市によると、さいたま市大宮区のキャバクラで働く20代の女性2人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

この店では、20代の女性あわせて5人が感染していて、クラスターが発生している。

この店には、50人の女性と20人の店員が働いていて、少なくとも7人に熱などの症状がみられるという。

一方、栃木・宇都宮市にあるキャバクラでも、女性スタッフ3人の感染が確認された。

県は店名を公表し、女性スタッフが接客し連絡がとれていない6人の利用客に対して、最寄りの保健所などに相談するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン6月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース