北海道・小樽市 14人の感染確認 “昼カラ”クラスター

社会 暮らし 医療・健康


北海道・小樽市では、新たに60代から80代の男女など、あわせて14人の新型コロナウイルスの感染が確認された。

市内では、3つの飲食店で「昼カラ」によるクラスターが発生し、この14人はいずれも利用客だという。

市は、事実上の緊急事態宣言を出す形で、市内の公共施設を29日から当面閉鎖し、「昼カラ」店に対しても営業自粛を要請している。

(FNNプライムオンライン6月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース