“あおり運転”あす厳罰化 施行前に高速で取り締まり

社会


「あおり運転」の罰則を強化した改正道路交通法が、30日から施行されるのを前に、東京都内の高速道路で危険な運転の取り締まりが行われた。

29日は、警視庁のヘリコプターが上空から、「あおり運転」など危険運転をしている車を監視し、ヘリからの情報をもとに、地上の取り締まり部隊が違反車両を追跡するなど取り締まりにあたった。

また、東京・八王子市の中央道のパーキングエリアでは、改正道路交通法の30日の施行にあわせて、警察官が「思いやり運転」と書かれたマスクを配布して、安全運転を呼びかけた。

マスクを受け取った人は、「あおられるのはたまにある。怖い思いをしたこともある。こういう法律が施行されて、(あおり運転が)なくなればいいと思う」と話した。

(FNNプライムオンライン6月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース