あおり運転 30日から厳罰化 妨害10行為の摘発強化

社会


後を絶たない「あおり運転」の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が、30日に施行された。

あおり運転は、今回の法改正で、新たに「妨害運転」と規定され、車の通行を妨害する目的で、執拗(しつよう)に車間距離を詰めたり、急ブレーキや急な車線変更、幅寄せなど10の行為が対象とされている。

罰則は、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」で、免許は即取り消しとなり、2年間は再取得ができない。

また、高速道路でほかの車を停止させた場合などは、より厳しく、「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」と定められ、免許取り消し後、再び取得するまでに3年間かかる。

警察庁は、厳罰化をドライバーに浸透させ、あおり運転の抑止につなげたい考え。

(FNNプライムオンライン6月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース