あすにかけ記録的大雨のおそれ 土砂災害に警戒

社会 暮らし


活発な梅雨前線の影響で30日朝、九州や四国で非常に激しい雨が降った。

西日本や東日本の太平洋側では、7月1日にかけて、記録的な大雨となるおそれがある。

30日午前6時ごろの鹿児島・霧島市は、道路が冠水し、車が水しぶきを上げて走っていた。

30日朝は、九州や四国に活発な雨雲がかかり、高知・香美市では、1時間に81.5mmの猛烈な雨を観測。

このほか高知市でも、1時間に70.5mmの非常に激しい雨が降った。

このあとの雨の予想。

午後は四国から東海にかけて、同じような場所に長く活発な雨雲がかかる見込み。

7月1日朝には、近畿や東海で線状降水帯が発生する可能性もある。

昼ごろにかけては、関東でも大雨のおそれがある。

1日朝までに予想される雨量は、多いところで、東海で300mm、近畿や四国で250mmなどとなっている。

特に静岡県では、1日の日中にかけて、500mm以上の記録的な大雨となるおそれがある。

土砂災害や河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン6月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース