“最多”約820万円配布か?河井案里夫妻 参院選前の6月に

社会


前法相の河井克行容疑者と妻の案里容疑者の大規模買収事件で、選挙の前の月に、最も多い800万円以上が配られていたことがわかった。

克行容疑者と案里容疑者は、2019年7月の参院選をめぐり、票の取りまとめを依頼する目的で、地元議員ら94人におよそ2,570万円を配った疑いが持たれている。

関係者によると、このうち、およそ820万円が、参院選前の6月に後援会関係者を中心に45人に配られていて、月別では最も多かったという。

調べに対し、案里容疑者は「買収の意図はない」と否認し、克行容疑者も「現金配布について案里と話したことはない」と供述しているが、特捜部は、2人の共謀について調べを進めている。

(FNNプライムオンライン6月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース