中絶規制のアラバマ州法 アメリカ最高裁が無効判断

国際


アメリカの連邦最高裁は、人工妊娠中絶を厳しく規制する南部ルイジアナ州の州法を無効とする判断を下した。

ルイジアナ州は州法で中絶を行う医療施設の医師に対し、手術で問題が起きた場合、近隣の病院に患者を引き受けてもらう協定を結ぶよう義務づけている。

しかし、協定を拒否する病院が多く、中絶の実施が困難になると指摘されていた。

連邦最高裁は29日、「多くの女性が安全に中絶を行えなくなる」、「過去の判例から違憲」としたうえで、この州法を無効とする判断を出した。

アメリカでは中絶をめぐって、世論が二分しているが、トランプ大統領が支持する中絶反対の主張が退けられた形で、11月の大統領選に影響を与える可能性がある。

(FNNプライムオンライン6月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース