新型コロナ ワクチンの治験開始

社会 医療・健康


大阪大学と共同で、新型コロナウイルスの「DNAワクチン」を開発している、製薬ベンチャーの「アンジェス」が、大阪市立大学付属病院で、人に投与する治験を始めた。

治験の第1段階では、投与量が多いグループと少ないグループに分けて、30人に投与し、安全性や有効性を確認する。

大阪・松井市長「いい結果が出ることを祈っている」

国内で人への投与は初めてで、治験が順調に進めば、早ければ年度内に100万人分のワクチンを量産し、実用化したいとしている。

(FNNプライムオンライン6月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース