「このまま北朝鮮で生きるより脱北に失敗して死んでもいい」『愛の不時着』キム・アラさんインタビュー

国際 エンタメ

  • 『愛の不時着』出演女優キム・アラさんにインタビュー
  • 自身が脱北者であるキムさんは、共演者に北朝鮮の方言指導をすることも
  • 北の若者が自由恋愛を望むのは韓国ドラマの影響


北朝鮮の生活をリアルに描いた『愛の不時着』

現在、老若男女を魅了している話題の韓流ドラマ『愛の不時着』。

多くの視聴者の心を摑んでいる理由の一つは、テレビや新聞などでは知ることができない北朝鮮に住む人々の生活描写だろう。北朝鮮から命がけで逃れて来た脱北者が製作に加わりアドバイスをしたことから、ここまでリアルに再現ができたという。

この度、この作品に出演している女優キム・アラさんのインタビューに成功した。女優キム・アラは女優というよりも大学生かと見まがうほど若々しく純粋で、優しい雰囲気で語り始めた。

豆満江を渡り脱北に成功 そして母との再会

現在、韓国で女優として活動するキム・アラ(28歳)は北朝鮮の中国とロシア国境に近い会寧市で生まれた。

中国とロシア国境に近い北朝鮮会寧市で生まれたキムさん
中国とロシア国境に近い北朝鮮会寧市で生まれたキムさん

彼女が10歳の時に食糧難から母親が中国へ渡り、その後に父も脱北するが行方不明になる。中国に住む母は放浪生活をするキム・アラを脱北させようとしたが、信用できる脱北ブローカーがいなかったことから断念して、彼女は他の家族と養子縁組をすることになる。

「学校にも通えず畑仕事や家事手伝いをする辛い日々でした。このまま北朝鮮で生きるより脱北に失敗して死んでもいいから母と一緒に住みたいと思いました。」

決死の覚悟で国境を流れる豆満江を渡り無事に脱北に成功した彼女は母との再会を果たした。中国の僻地で母と7年ほど暮らした後に2009年に韓国へ移住した。

「韓国へ来たらタイムマシンに乗ってタイムトラベルした感じ」

「韓国へ来たら、まるでタイムマシンに乗って1970年代から現代へタイムトラベルした感じでした。韓国では脱北者に対する偏見もありましたし、母と2人だけの生活には不安も感じましたが一生懸命生きようと思いました。」

友人の勧めで「いま会いに行きます」という脱北者のトーク番組に出演したのをきっかけに芸能界の道に進んだ彼女は『愛の不時着』の出演という幸運を掴む。

演技の経験が少なくて制作スタッフや共演者の方々の負担になるのではないかという不安があったという。監督から“ドラマを一緒に作って欲しい、一緒に成長して欲しい”と言われ、故郷での記憶や家族を思い出して今まで抑えていた感情を表現した。

「ドラマでは食事シーンが多いのですが、豆腐ご飯、大豆油の搾りかすで作った人造肉、北朝鮮式のチヂミなど実際に食べていた料理が出てきて懐かしさで胸が熱くなりました。」

共演者との食事シーン 懐かしい味に胸が熱くなる時も・・・(『愛の不時着』より)
共演者との食事シーン 懐かしい味に胸が熱くなる時も・・・(『愛の不時着』より)

 

キム・アラは主演のヒョンビンや共演者たちに北朝鮮の方言の指導を行い、撮影中に監督から“こんな状況では北の人たちはどんな表現をするのですか”とアドバイスも求められた。

「撮影現場では北の住民の衣装に驚きました。『愛の不時着』で村人が被っていた帽子は私の父が昔被っていた物とまったく同じでした。北では、一般の人々は工場で画一的に作られた服を着ているのですが、逆に裕福な人々の服装は韓国人と変わりません。ヒョンビョンが演じるリ・ジョンヒョクの婚約者ソ・ダンの母のように韓国から密輸したブランド品を持っていましたね」

キム・アラは共演者に北朝鮮の方言の指導も行ったという
キム・アラは共演者に北朝鮮の方言の指導も行ったという

北朝鮮の市場には海外からの密輸品が溢れており、ドラマ内でも、実業家のヒロイン、ユン・セリが市場で隠れて売られる自社製の化粧品を見つけている。

ドラマの中では、北朝鮮の市場の様子もリアルに描かれている
ドラマの中では、北朝鮮の市場の様子もリアルに描かれている

「ドラマと同じく、密輸してきた商品は普段は見えないところに隠し、それを買い求める客が来たときにだけ見せるんです。警備員に見つかると没収されますからね。他の商品も、前面に出して陳列していると乞食に盗まれるので、売る側は必ず2人体制で商品を売る人と守る人に分かれています。乞食が物を盗んでは殴られるというのは日常の光景です」

ヒョンビンさんがモテる理由

ドラマでは、国境守備隊に所属するジョンヒョクが村の女性たちから熱い眼差しを向けられるシーンが多い。キム・アラは、「単にヒョンビンさんがイケメンだからモテているというわけではないんですよ」と笑う。

「北朝鮮ではヒョンビンさんが演じているような、国境守備隊が一番モテます。なぜなら、国境地帯は海外から物を密輸することができるから。」

しかし、いくら国境守備隊がモテるといっても北朝鮮に自由恋愛はほとんどないというのが現実だ。キム・アラの両親も家族の紹介で結婚している。

「最近の若者は自由恋愛を強く望むようになりましたが、それは韓国ドラマの影響です。『愛の不時着』にも、韓国ドラマ好きの北朝鮮軍人が出てきますよね。韓国ドラマを観るとどうしても自由恋愛がしたくなるんです。多くの人々はドラマを観るためのDVDプレイヤーを手に入れることすら難しい。でも、私物を売ったりして何とか観ようとします。もし警備員にバレたら没収されて罰金を払い、場合によっては監獄に送られて拷問も受けます。

これは、ドラマを観て韓国の生活や文化に憧れ、脱北した人がとても多いからです。2~3年前には、隠れて観ていることが盗聴によりバレて、年間14人が死刑になったと聞きました。それでも人々は観るのをやめません。その面白さにハマり、とにかく命懸けで観るのです。」

「俳優という仕事は数をこなすほど難しく学ぶことも多いです。週に3回の演技指導を受けています」

『愛の不時着』の出演で貴重な経験を得たキム・アラは根気強く演技を続けていきたいと語る。

韓国の脱北者団体による金正恩体制を批判するビラの散布の報復措置として開城工業団地の共同連絡事務所を爆破により南北の緊張が高まっているが、これからも過酷な環境で生きる北朝鮮の人々の生活、ジョンヒョクの部下たちや村の婦人会のような人間味溢れる人たちもいるという現実をドラマを通して紹介して欲しいと願う。

【関連動画:《あなたの知らない北朝鮮》〝愛の不時着〟はリアル?驚きの恋愛事情
【関連動画:《あなたの知らない北朝鮮》離婚は犯罪?事実婚増?北朝鮮の結婚・離婚事情とは

【取材:横田徹】
【撮影・取材協力:チェ・ジョンジン】

(FNNプライムオンライン7月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース