大和証券とコメダ 新店舗でコラボ 金融情報など発信

経済・ビジネス


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

人気の喫茶店チェーンと大手証券会社が異色のコラボ。
その狙いは。

赤いソファと木の温かみを感じるこのお店は、おなじみのコメダ珈琲店。

その店内に、株価ボード?

コメダと大和証券がコラボした新店舗が、7月1日、東京・吉祥寺の駅前にオープンする。

吉祥寺駅前は、商業ビルや飲食店などが多く立ち並び、休日には、地元以外からも多くの人が訪れる街。

コメダホールディングス・臼井興胤代表取締役社長「こういうプライムロケーション、良い場所で商売したいというのがあるが、良い場所で商売するのはお金もかかる。大和証券がたまたまプライムロケーションを、いろんなところに場所を持っていて、この店で何か一緒にできないかと」

コラボのきっかけは、SDGs(持続可能な開発目標)。
両社のSDGsの発信基地として、このコラボ店が生まれた。

コラボ店ならではの、こんな仕掛けも。

店内には、お金に関する書籍がずらりと並び、各座席には、タブレットが置かれている。
タブレットでは、お金に関する情報を気軽に確認することができる。

新店舗が入るこのビルは大和証券の所有で、もともと1階は、大和証券の店頭窓口だった。

証券会社といえば、平成初期は、投資家が株価をチェックしに集まる場所だったが、今は、スマホで手軽に株価のチェックや注文ができる時代に。

そこで、吉祥寺駅前の一等地で、かつ人の目につきやすい1階の路面店を有効活用すべく、新店舗オープンにふみ切った。

大和証券グループ本社・荻野明彦専務執行役「この1階店舗を情報発信基地のような形で使うことで、コメダ珈琲店でくつろぎに来た客が店の中で情報端末を見て、相談してみたいなと、2階の大和証券に上がってくるような、新たな客を開拓する機会になればと思う」

証券会社を訪れるのはハードルが高いと感じる人もいる一方で、コメダ珈琲店は、誰でも気軽に入りやすい雰囲気が特徴。

大和証券は、コメダ珈琲店の入りやすさを生かし、新規客層開拓を狙う。

喫茶店と証券会社の新たなコラボ。

このスタイルが定着していくのか、今後に注目。

(FNNプライムオンライン7月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース