静岡と愛知など記録的大雨 すでに“1カ月分の雨量”

社会 暮らし


大雨が続いている東海地方では、静岡県と愛知県、長野県などで、すでに、雨量が平年の1カ月分に匹敵する記録的な大雨となっている。

6月30日から7月1日朝にかけては、西日本や東日本の太平洋側を中心に大雨になった。

長野・大鹿村では1日未明、7月としては観測史上1位となる、1時間に38.5mmの激しい雨を観測した。

また、1日午前5時すぎまでの24時間雨量は、愛知・豊根村で331.5mmに達した。

このあとも、静岡を中心に活発な雨雲がかかる予想。

午後にはいったん雨が弱まるが、夜遅くには再び、線状の雨雲が東海や関東にかかってくる。

東日本の太平洋側では、局地的に雷をともなった非常に激しい雨の降るおそれがある。

特に東海地方では、降り始めからの総雨量が600mmに達するところもあるとみられる。

2日午前6時までに予想される降水量は、いずれも多いところで、東海地方で200mm、関東甲信地方で120mmとなっている。

土砂災害、低い土地の浸水や川の増水に厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン7月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース