「路線価」5年連続上昇 “コロナ”反映されず

経済・ビジネス


相続税などの算定基準となる「路線価」が公表された。

2020年分の路線価の全国平均は、2019年より1.6%上がり、5年連続で上昇し、全国1位は、35年連続で東京・銀座の鳩居堂前だった。

路線価は1月1日時点で評価するため、新型コロナの影響は反映されておらず、今後、影響してくる可能性もある。

都市未来総合研究所・平山重雄常務研究理事「(新型コロナの影響は?)企業活動が停滞化して、不動産を借りる、買うという需要につながるところも、マイナスの影響が出てくる可能性がある」

国税庁は、今後、新型コロナの影響で地価が大幅に下落した場合、路線価の減額修正を検討するという。

(FNNプライムオンライン7月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース