「警察が風営法で夜の店に立ち入り」 菅長官が新型コロナ対策の徹底強調

政治・外交 社会


新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、菅官房長官は20日午前の会見で、風営法に基づく夜の繁華街への立ち入り検査を強化する考えを強調した。

菅官房長官「警察においては風営法に基づく立ち入りを行い、風営法上の義務の徹底を図って、併せて新型コロナウイルス感染症防止対策の徹底を呼びかける」

菅長官は記者会見で、風営法に基づき警察が夜の繁華街の店舗に立ち入り、従業者の連絡先名簿の作成を確認するなど、新型コロナウイルス対策の徹底を呼びかける方針を示した。

さらに菅長官は、「コロナウイルスがまん延している場所は限られている」と述べ、ホストクラブやキャバクラなどが感染の大きな要因の一つになっているとの認識を示し、こうした店舗に対し、風営法などにおける義務を徹底させる考えを強調した。

(FNNプライムオンライン7月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース