GoToトラベル 政府 基準設け“キャンセル料”全額補償へ

政治・外交


22日から始まる「GoToトラベル」の対象から除外された東京都について、政府は、予約済みの旅行代金のキャンセル料を補償する方針を固めた。

赤羽国交相と、田端観光庁長官が20日、キャンセル料を補償する方針を確認し、田端長官は20日午後、首相官邸で菅官房長官に報告した。

政府・与党関係者によると、キャンセル料の補償は、対象となる予約の時期など、一定の基準を設けたうえで、全額を国が補償する方向で調整している。

政府は今後、運用方針の詳細などを詰めたうえで、赤羽国交相が21日にも正式に発表する見通し。

(FNNプライムオンライン7月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース