H2Aロケット打ち上げ成功 火星探査機を搭載

科学 技術 社会


UAE(アラブ首長国連邦)の火星探査機を載せたH2Aロケットが、鹿児島の種子島宇宙センターから打ち上げられた。

H2Aロケット42号機は、20日午前6時58分に種子島宇宙センターから打ち上げられ、およそ1時間後に、UAEの火星探査機「HOPE」が予定した軌道に投入され、打ち上げは成功した。

「HOPE」は、UAEの建国50周年にあたる2021年に、火星周辺の軌道へ投入され、火星の気象観測などを目指している。

H2AロケットによるUAEの衛星打ち上げは、今回で2回目、三菱重工が海外からの衛星打ち上げを受注、打ち上げるのは今回で4回目で、すべて成功している。

(FNNプライムオンライン7月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース