夜の街 検査強化へ 菅長官「風営法に基づく立ち入りを行う」

政治・外交 医療・健康


新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、菅官房長官が、風営法に基づく、夜の繁華街への立ち入り検査を強化する考えを強調した。

菅官房長官「警察においては、風営法に基づく立ち入りを行い、風営法上の義務の徹底を図って、あわせて新型コロナウイルス感染症防止対策の徹底を呼びかける」

20日の記者会見で、菅官房長官は「コロナウイルスがまん延している場所は限られている」と述べ、繁華街の中でも、ホストクラブやキャバクラなどが感染の大きな要因の1つになっているとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン7月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース