次の機会は5000年以上先 ネオワイズすい星 接近

社会 科学


この機会を逃すと、次は5,000年以上も先にならないと見られないかもしれない。

19日夜に撮影された富山・魚津市の空の様子。

雲の隙間から光を放っているのは、「ネオワイズすい星」。

2020年3月、アメリカ航空宇宙局(NASA)の探査衛星により発見された新しいすい星で、7月23日ごろ、地球に最も接近するとみられている。

23日以降は地球から徐々に離れ、再び地球の近くの軌道を通るのは、5,000年以上も先のことになるという。

(FNNプライムオンライン7月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース