セシルマクビー 全43店舗閉店へ コロナで業績悪化

経済・ビジネス


若者向け女性ブランド、「CECIL McBEE(セシルマクビー)」の全ての店舗が閉店することになった。

女性向けアパレルブランドを展開するジャパンイマジネーションは、「CECIL McBEE」の店舗事業から撤退し、2021年2月までに43店舗全てを順次閉店すると明らかにした。

2007年1月期をピークに売り上げが低迷していたが、新型コロナウイルスの影響で業績が一段と悪化したという。

グループで展開しているほかのブランドの撤退も進め、11ブランドから4ブランドへ縮小する。

今後は、残る4ブランドのネット通販を強化して、立て直しを進めるという。

また、従業員およそ570人の大半を解雇し、再就職を支援していくとしている。

(FNNプライムオンライン7月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース