豪雨被災地で不明者の大規模捜索 福岡で発見の遺体は72歳女性

社会


豪雨災害に見舞われた熊本県で、行方不明となっている2人の大規模捜索が行われた。

また、福岡県の川で19日に発見された女性の遺体は、大分県で行方不明となっていた女性と確認された。

熊本県では、八代市の谷口修二さん(63)と、芦北町の城幸恵さん(90)の2人の行方がわかっていない。

大規模捜索には、県警や消防、自衛隊などが連携し、20日と21日の2日間で、延べ1,900人態勢で捜索にあたる。

また、福岡・朝倉市の筑後川で、19日に発見された女性の遺体は、今回の豪雨で川に流され行方不明となっていた大分・日田市天瀬町の小森孝子さん(72)と確認された。

今回の豪雨災害では、これまでに熊本県を中心に全国で78人が死亡し、6人が行方不明となっている。

(FNNプライムオンライン7月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース