ポスト安倍 解散・総選挙は「慎重にすべき」

政治・外交


「ポスト安倍」を目指すライバル、自民党の岸田政調会長と石破元幹事長らが、東京都内のとんかつ店でランチ会談。

早期の解散・総選挙に否定的な認識で一致した。

自民党・石破元幹事長「(解散・総選挙が)もし今行われるとしたら、かなり厳しい批判はいただくかもしれない。そんな感じだねという意見は出ました」

会合には、岸田・石破両氏と同じ年に生まれた石原元幹事長、中谷元防衛相も同席。

新型コロナウイルスの感染者が増加する中、衆議院の解散・総選挙は「慎重にすべき」との認識で一致したという。

(FNNプライムオンライン7月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース