新型コロナ 「夏休み計画に影響」が7割 予算は過去最低に

暮らし


夏休みに使うお金が調査開始以来、最低に。
2020年は、節約とがまんの夏になりそう。

花火大会に旅行、プールなど、わくわくする夏休み。

しかし、2020年は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けることに。

明治安田生命保険の調査によると、夏休みの計画に影響が「ある」と回答した人が、およそ7割にのぼった(70.2%)。

そのうち半数が、「予定が決められない」としている(48.3%)。

また、旅行の計画を中止する人は、国内・国外でそれぞれ2割以上いて、理想どおりの夏休みとはいかないとみられる。

それにともない、2020年は夏休みに使う金額を2019年よりも「減らす予定」と回答した人がおよそ半数となり(45.6%)、5年前に最高の9万円近くを記録したが、2020年は、調査開始以来最低の6万5,157円となった。

ソフト開発(50代)「わたしは田舎が青森。夏休みで田舎に帰ることはやめようと。交通費が家族3人で、途中からレンタカーを借りる。簡単に20万くらいいく。(浮いたお金の使い道は?)住宅ローンか、家の中でコンロとか、いろんなものが古くなっている。テレビとか、トイレもそろそろかえたい。温水洗浄トイレにしたい」

事務職(50代)「母親が秋田に1人で住んでいるので、秋田に行くのはやめにして。(秋田に帰省するのにどれぐらいかかる?)わたし1人で4万円くらい。(浮いたお金をどうする?)焼き肉ですかね。(普段は)1人5,000円くらいを、1人2万円とかに」

運輸関係(50代)「全く予定は立てていない。この状況では、旅行のプランはちょっと立てられない」

公務員(50代)「ことしもロンドンに行こうと思っていたんですけど、1年前くらいから計画は立てていたんですけど、とても行けないなと思って。(何日間行く予定だった?)9日間くらい。30万~40万円くらい。いっそのこと洗濯機とかかえようかなとか。家にいる時間が長いから、家を住みよくしようかな」

中学2年生「(例年なら夏休みに何をしていた?)青森の祖父の家に帰っていた」
福祉関係(40代)「交通費1人3万円だと、15万とかそれくらい。(浮いたお金の使い道は?)外に出られなくなったり、学校休みになったときのことを考えて、家のこととか、環境を整えたりとか。リモートが始まると思うので、子どものその環境を整えてあげたい」
中学2年生「(買ってほしいものは?)あんまりないけど、漫画とか」

(FNNプライムオンライン7月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース