18歳 藤井聡太棋聖 インタビュー コロナで「将棋 見直した」

文化


史上最年少でのタイトル獲得を果たした、高校生プロ棋士の藤井聡太棋聖(18)。

FNNは、前人未到の記録達成の裏にある、若き天才の等身大の姿に迫った。

(「棋聖」のタイトルについて)
藤井棋聖「棋聖獲得後に対局もありましたし、徐々に実感する場面が増えている。少しずつ慣れてくるところなのかなと思っています」

(「1日のスケジュール」について)
藤井棋聖「割と朝が弱いので、だいたい9時くらいに起きています。寝るのは、(午後)11時から11時半くらい」

(「和服」について)
藤井棋聖「(持っているのは)夏物の和服が全部で3着です。和服で持ち時間が長い対局を指すことがなかったので、最初はどんな感じなのかわからなかったのですが、普段通りに指せたのかなという気がします」

(「新型コロナの影響」について)
藤井棋聖「2カ月近く、公式戦の対局がなかったのですけど、その間に、自分の将棋をじっくり見つめ直すことができた」

藤井棋聖は現在、王位戦7番勝負で2連勝中で、最年少での二冠獲得に向けて、「王位戦に全力を尽くしたい」と話した。

(FNNプライムオンライン7月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース